国内旅行業務取扱管理者試験 合格への勉強方法

国内旅行業務取扱管理者試験に向けて、通信教育・通学・独学・・・あなたはどの道で合格を目指しますか?

国内旅行業務取扱管理者試験 合格に向けた過去問題集の選び方

過去問から出題傾向と自分の実力を把握しましょう

国内旅行業務取扱管理者は合格率が平均30%ほどとなっており、難易度の高い資格試験としても知られています。

資格試験に合格するためには、過去問を繰り返し解いて、出題傾向を知っておくことが大切です。毎年出題内容は異なりますが、過去問を解くことでどの分野に重点を置いて学習をすればよいのか、自分の弱点はどこか、実力はどの程度かを理解することができます。

過去問を繰り返し解くことで実力を養うこともできるため、国内旅行業務取扱管理者試験を受けたいと考えているなら必ず手に入れておくことをおすすめします。

繰り返し問題を解いて実力アップ!

国内旅行業務取扱管理者試験の過去問は書店で購入することができます。

できれば過去5年間の問題が納められている問題集を購入すると良いでしょう。毎年必ず出題されるのはどの分野かが解いていくうちに分かるため、効率よく学習することができます。

過去問を解く際には、まずは自分の実力を試すために、解答を見ずに解いてみてください。最初は問題が解けずに苦戦することになる人がほとんどですので、結果があまりよくないとしても気にする必要はありません。

そして過去問を解いていくと、どの分野に特に力を入れて学習する必要があるかが分かります。例えば約款に関する問題が解きにくいということが分かったなら、約款に関する分野に力を入れて学習するようにします。単なる知識不足なのか、それとも問題の理解力をさらに養う必要があるのかも判別するようにしましょう。

過去問を効果的に活用すれば、合格への道が開かれるようになります。